親子ローンを残し被相続人が亡くなり返済がきついので家を手放したい

Q、被相続人と一緒に組んでいた親子ローンを被相続人の亡き後解約することができるのでしょうか?

被相続人の生前に親子ローンを組んで家を建てました。
その後亡くなるまでは被相続人がローンの支払いをしていて被相続人が亡くなってからは本題息子である私が返済を続けていかなくてはなりません。
ところが、予想外に被相続人が早く病気で亡くなってしまったため私自身にはそこまでの経済的余力がなく、今後支払を続けていくことに不安を感じるようになってしまいました。

被相続人が残してくれた財産といえば、ローンが残った状態のこの家と、少しの現金としての口座預貯金のみです。
この家に関しては、できる限り手放したくないと思っていたのですが、どうしても金銭的に厳しい状況となってしまい、私自身も給料が下がったり、ボーナスが少なくなったり、さらには子供達が大きくなり中学への入学や高校への入学などが重なってきているのでローンの解約をしたいと思い銀行に話をしてみたところ、まだローンの大半が残っている状態でローンの解約をすることはできないと言われてしまいました。

詳細としては、ローンの解約というよりも、この家そのものを手放すことによって銀行には対価として支払うことができないかと相談したのですが、それができないと言われてしまいました。
そこで次に考えているのがこの家を手放して現金に換えてから銀行へのローンの支払いをしようと思っているのですが、ローンが残っている状態でこの家を手放すことはできないのでしょうか?
やはり私自身が完済までしっかりと払い続けていくほかありませんか?

A、ローンが残っている状態でも家を売ることができます。ただしいくつかの条件があります。

まずローンが残っている状態で家を手放すということは家の持ち主そのものが住んでいるのはご自身にあっても、基本的な所持者となっているのらお金を貸している銀行ですから、銀行の承諾を得なければなりません。
また、実際に家を販売する前の段階で家の評価額を知り、この評価額についても、お金を借りている銀行側に対して一度提示する必要があります。
その上で銀行側がOK を出してくれれば売りに出すことができるのですが、家を売った段階で現金になったお金はすべてローンの返済として銀行に支払わなくてはなりません。

またこのような手続きを行っていく中で今現在はご自宅の名義が誰になっているかわかりませんが、おそらくは被相続人の方ではないでしょうか?
その場合には、被相続人が所持者となっている状態で手続きを進めることはできませんから、まずは相続登記と言う形で相続人の方がこの家そのものも自分の持ち物として登録しなければなりません。
その上で上記したような手続きを進めながら、最終的に買い手が見つかった際の費用はすべて銀行に支払い、ローンの残高を減らすといった方法があります。
また住宅ローンが残っている状態ですので相続税を考えた場合には、おそらくローンをしっかりと控除した上で相続税の計算が行われるはずです。

詳しいことは税理士さんに聞いてみるとよくわかりますが、非常に多くの住宅ローンが残っている状態ということですので実際に家や土地の評価を行っても評価額そのものがあまり大きなものではなく、相続税の計算をはじめとして、うまくいけば相続税の対象にならないということも考えられます。
こうした手続きをすべて行った上で、最終的に家を手放しローンの返済に充てましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする